「マロンの写真日記」開始のお知らせ

ムサシが天国へ旅立ちましたので、本ブログの更新はここまでとします。

これからはマロンの写真日記でマロンのことについて綴っていきます。そちらもよろしくお願いします。

ムサシが天国に行きました。

2012年6月2日20:30ムサシが天国に行きました。猫白血病のためです。後脚が麻痺して動かなくなり前脚だけで動いていたのが、段々前脚にも力がなくなり立ち上がってはよろよろと2-3歩進んでは、バッタリ倒れることを繰り返すようになっていました。トイレにも行けなくなったのでオムツをさせていました。ムサシにとってはこのオムツは嫌だったようです。

最後は食欲もなくなって、水を口にするだけとなり、無理にミルクを口に含ませても最初は飲んでいたのですが、そのうち飲み込む気力もなくなり何も口にしなくなりました。

最後は頭をのけぞるようにして口を開き苦しそうにもがいて息をしなくなりました。

ムサシが我が家に来たのはほぼ2年前の2010年6月6日にやってきました。

ムサシ

なんにでも興味を持つ頭の良い猫でした。最初の時は片手で楽々と持てる子猫で見知らぬ環境に連れてこられて2-3日はおどおどしながら生活していました。

DSC03978.JPG

我が家の生活になれて子猫から青年期の猫に成長すると頻繁に脱走するようになりました。ムサシは我々と鬼ごっこをしているようなもので追いかけられるのを楽しんでいて、少し距離が離れると振り返って僕はここだよっと言う感じで追いかけっこを楽しんでいました。

DSC03265.JPG

亡くなったあずみともいいコンビでした。あずみは天然系のキャラに対して、ムサシは理知的なキャラ。あずみの天然パワーに押され気味のムサシでした。

仲良し二人組

元気の良い時はマロンとも仲良しだったのですが、2011年11月に猫白血病が発症して体調が悪くなってくるとマロンが遊びたくてとびかかっていくと威嚇するようになりました。ずっと抗がん剤治療をしていたのですがリンパ腫は一旦おさまったのですが寛解の状態になることはできず今日を迎えてしまいました。

オムツをするムサシ

最後はオムツをして、朝晩にオムツを交換して数日に1回はシャワーで下半身を洗ってあげました。

約2年間を共に過ごしてくれました。老後を共にしてくれる家族として里親になったのに残念です。ムサシにとって最後は辛い日々だったと思うけどそれまでは幸せな時間だったことを願っています。一緒に暮らしてくれてありがとう。

本記事は「@もろいことない」と「ムサシの写真日記」の両方にマルチポストしています。

充電中の猫

只今、充電中のマロン。この後、ケーブル相手にひとしきりカミカミ攻撃。お兄ちゃんが遊んでくれないのでチョット欲求不満のマロン。

ミルクを飲む猫

ムサシがエサを何も食べないので、猫用のミルクを買ってきて器に入れたのですが舐めようとしない。
それならということでスポイトを買ってきて、口に流し込もうとしてみました。結果は2-3口呑んでくれました。ただ、残念なのはムサシが自ら飲もうという意思が見えないこと。口に入ったのを飲み込んでいるだけ。挙げ句の果ては口にスポイトを入れられるのを嫌がって頭を仰け反らして、
さらに上手く動かない前脚をジタバタさせて逃げようとする始末。体力を維持するには、食べてくれないとダメなので、何回かに分けて嫌がるムサシに飲ませています。

見えない敵を見張る猫

20120531-073245.jpg
最近、お気に入りとなった猫用のベッドに座りつつ庭を眺めているマロン。結構、外を眺めているのが多いマロンです。野良猫たちの通り道にうちの庭があるようで、数匹が顔を見せたことがあります。トンデモナイ、ブス猫がやってきたこともあります。あれはインパクトありました。また、来ないかな?

濡れている猫

20120530-073053.jpg
ムサシの前脚などに濡れた跡があり、奥さんはヨダレ説を唱えています。私は水を飲もうとして零したからではないのかなと思っています。昨日から相変わらずエサは食べようとしません。水だけは結構飲みます。
ムサシは前脚も力がなくなってきていて、立って2-3歩進んではバッタリ倒れるということを繰り返しています。
エサを口に強制的に入れても飲み込もうともせずに結果的に出てしまう状況なので、何か良い知恵があれば教えて下さい。

食べない猫

20120529-073820.jpg
出社前と帰宅後にムサシにエサをあげているのですが、ここ2-3日は食べようとしません。口を開けさせてエサを入れようとするのですが、頑固に開けようとせず、開けても直ぐに閉じてしまい一舐めさせるのがせいぜいです。目もトロンとして力がなくなってきています。

江ノ島の猫たち

20120528-073139.jpg

20120528-073209.jpg

20120528-073238.jpg

20120528-073308.jpg
江ノ島へ写真撮影しに行ってきました。江ノ島には猫が沢山いました、丸々と太った猫が多く、人を見ても逃げません。なでなでしても、嫌がらず気持ち良さそうにしていました。
どうやら島外から持ち込まれた捨て猫が育ったようです。観光客にとっては可愛いですみますが、江ノ島の人たちは野良猫をどうするのかという難しい問題があります。無責任な捨て猫というのは本当に人として酷い話です。
猫たちが幸せに暮らせる様に願います。

威嚇する猫

20120527-102305.jpg
相変わらず空気読めない猫のマロンと
過剰反応する猫のムサシ。マロンは遊んで~と飛びかかって行ったのだけどムサシはウザいと思ったのでしょう威嚇の構えです。弱っていても、怒る時は怒る猫。仲良く遊べるようになれればいいんだけど。

何をしたいのかわからない猫

まだ前脚には多少力があって前ほど早くも、思い通りにも動かないようですが、それでも懸命に動かしています。動くと何かをしたいので動くのだろうと思って、餌の方向へ行けば餌が欲しいのだろうと用意してあげるのだけど食べない。トイレの方へ動けばしたいのかと思って、トイレを綺麗にして用意するのだけどしてくれない。意思疎通ができなくてもどかしいです。エサは少し食べてくれました。